[定期購読]


 
FREERUN 2020年2月号

2020年1月27日発売
定価: 980円(税込)

巻頭: NISEKO GROOVY ARC
   天海 洋&渡辺大介のカービング対談ジ


 
   
 
 

★ NISEKO GROOVY ARC

  -“天海 洋&渡辺大介のカービング対談-
  世界的なスノーリゾートとなったニセコ。ゲレンデのスロープには日々、無数のARC(弧)が描かれる。中でもすべてを汁尽くしたローカルが描く放物線は一際輝きを放つ。本誌では天海 洋と渡辺大介。カービングターンを追求する生粋にニセコローカルが日々、何を意識してスノーライフを送っているのか。写真と対談で追った。
   
   
 
  ★ The Relationship in crew
  -ニセコの人間関係から生まれるスノーボードライフ-
 

スノーボードに問われるのは、個性をどれだけ表現できるかだ。とはいえ、先輩や後輩から刺激を受けることはスノーボーダーとしての成長に欠かせない。なにより互いを高め、認め合える仲間の存在は大きい。そんな人間関係を築く3人のニセコローカルがいる。ムービークルー「in crew」の南谷 孝太郎、原田大禎、阪下空良のストーリー。

   
   
 
 

★ GO MAY WAY.

 

-山根俊樹インタビュー-

  福岡に生まれ育ち、運命的な人との繋がりと類い稀なる身体能力で日本のスノーボードシーンを一気に駆け上がったきた山根俊樹。13年にはTOYOTA BIG AIRで日本人最高位となる準優勝を果たし、その後は「FIGHT FOR LIBERTY」という信念を掲げて映像の世界で生きてきた。その突き抜けたスタイルと熱すぎる情熱を持つ彼に迫る。
   
   
 
  ★ GO MAY WAY.
  -34 MIYONインタビュー-
 

今年で10作目を迎えるDirty Pimpの中心メンバーであり、デザインのディレクションも務める34 (ミヨン)。バリエーション豊富なトリックと独自の世界観のあるスタイルでストリートシーンで絶大なる存在感を放っている。最近はイラストレーターやデザイナーとしても活動の幅を広げる34のスノーボードからアートまで、彼女の魅力に迫る。

   
   
 
 

★ MINAKAI BIVES HISTORY

 

-10周年を迎えるミナカミバイブスの歴史-

 

今から9年前に誕生した「MINAKAMI VIBES」が、この2020年春に記念すべき10周年を迎える。人工地形パークセッションという新たな価値観感を与え、ハードコアなスノーボーダーたちを魅了してきたこのイベントが持つ魅力を、過去の写真から感じて欲しい。当初からプロデュースに関わっている勝山尚徳にヒストリーを綴ってもらった。

   
   
 
 

★ A soul time snowboarding story
-from North west, USA-

  2019年4月。西山 勇は17年ぶりのマウント・ベーカーに向かった。スノーボーディング発祥の地を再び訪ね、ノースウェスト・スピリッツを注入し、フリーライディングの本場を目に焼き付ける。旅の目的をそこに置いて、この旅に誘ったというフォトグラファーフォトグラファー遠藤 励とともに過ごしたノースウェストの数日間を本人が綴る。
   

 

 
 
  お問い合わせ著作権プライバシーポリシー特定商取引法表記 Copyright © 2007 Freerun Co.,Ltd. All Right Raserved